イメージで覚える前置詞 Off

英単語の使い分け方

Inなどの前置詞は細かな和訳を一つ一つ覚えるのではなく、コアとなるイメージを理解する事で、使いこなせるようになる!というお話を今まで下記記事で述べて来ました。

イメージで覚える前置詞 On
Inなどの前置詞は細かな和訳を一つ一つ覚えるのではなく、コアとなるイメージを理解する事で、使いこなせるようになる!というお話を下記記事で述べて来ました。今回は第三弾!前置詞Onについて、書いていきたいと思い...

今回は第四弾!
前置詞Offについて、書いていきたいと思います。

Off(離れていくイメージ)

OffのコアとなるイメージはOnの逆、離れているイメージです。

He got off the bus
(彼はバスから降りた)

This plane takes off every Wednesday
(この飛行機は毎週水曜日に離陸する)

そのため上記2つの例文のように物理的に何かから離れていく場合や

I keep putting off going to the dentist
(歯医者に行くのを延期し続けている)

などのように、日程などを先送りする時もoff用いることが出来ます。
「Put(置く)+ off(離れているイメージ)」=「Put off(離れたところに置く→延期する)」

またOnの「くっついている」というコアイメージと、Offの「離れている」というコアイメージがくっついて

I work on and off as a waiter
( 私は時々、ウエイターとして働いています)

などのように「くっつている+離れている→時々」のように用いることも出来ます。

最後に

Offについては「離れていく」というイメージさえ持っていれば、あとは Putなどの他の動詞との組み合わせ等で、意味が変わる程度ですので、比較的使いやすい前置詞かと思います。

このコアイメージを忘れずに、ぜひOffという前置詞を使いこなしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました